GGギター講座
講座B:『 弦の気持ち』からのギター再入門

 

GGギター講座B 『弦の気持ち』からのギター再入門

講座:全5回 毎回日曜日 午後2時〜4時半
日程:4/26、6/7、8/9、10/11、12/20
会場:現代ギター社GGサロン
料金:1回/3,500円、各講座通し券/15,000円、2講座全10回通し券/28,000円
定員:25名(各回)
楽典講座受講経験者・学生割引 1回/3,000円、各通し券1,000円引き
各通し券は他の人とシェア可能
予約:GGショップ 03-3530-5342(12:00〜19:00 火水定休)
E-Mail予約:shop@gandaiguitar.com
その他詳細と地図を表示

『弦の気持ち』とは?

ギターは両方の手で直接弦に触れて弾く楽器です。
ギターからいい音を出そうと思ったら、力まかせに弦を振動させるのでなく、指先で振動させられる弦の気持ちを感じて弦に触れ、弦を離しましょう。弦は気持ち良く応えてくれてギターを鳴らしてくれます。

優しい音はそっと優しく触れた指から、力強い音は強く押さえた指から生まれます。
そして弦の気持ちを感じることで身体に優しい奏法が得られます。

この講座ではまず身体のつくりと自然な手指の動きを知り、
弦の気持ちを良く感じて、頭と身体で実感できるギター奏法を考えます。

指の痛みや故障のある人には負担の少ない奏法と、今の状態でもギターを楽しめる方法を考えます。

現在の一般的な奏法とは違ったことが多くて戸惑うこともあるかもしれませんが、自分の身体と耳での実感を大切にして試してみてください。毎回、基本的な考え方と具体的な練習法を伝えますので、1回だけの受講でも何かが変わるのを感じてもらえると思います。

オリジナルの教材で奏法の要点を学び、やさしいエチュードや小品に応用します。  

主なポイントは次のようなものです。

  1. 手の構造と指の自然な動き〜指先で弾かない?
  2. 和音は腕で奏く〜空手チョップとジャブ?
  3. 弦を表面板と垂直方向に振動させる=扇子の原理
  4. 右Pとimとaの動き〜神経系の違い
  5. 左手のフォーム〜巻貝型とカニ型
  6. 呼吸と身体のモード〜弦に伝えるもの

教材や応用曲などは受講者の皆さんに事前にメールでお送りします。

 

GGギター講座へのご質問は、こちらのページのコメント欄からお送りください。

Share this Blog

更新情報

Scroll to top
2020© ギタリスト小川和隆 GGギター講座&ブログ