スエルトン・ギタースクール

小川和隆プロフィール

秋田県湯沢市生まれの浅草育ち。
ギターを小原聖子に師事。
スペインにてナルシソ・イエペスに十弦ギターを学ぶ。
1979年第22回東京国際ギターコンクール第1位。
1982年東京芸術大学音楽学部楽理科卒業。

1985年デビューリサイタル。
その後「ソルとキューバのギター音楽」「カタルーニャ讃歌」「500年の幻想」「ケルトから来たギター」「悲しき熱帯へ向けて」など、個性的なテーマでリサイタルを続ける。

国内各地のほか、マドリード、ニューヨーク、リオ・デ・ジャネイロ、ローマ、長春などにて演奏。1998年カゴメ食品「アンナマンナ」のテレビCMで「シチリアーナ」の演奏を担当し、好評を博す。

ソロのほか、尺八と話フォーマンスとのユニット「きょうはいい日」、歌や他の楽器とのアンサンブルで、活動の場を広げている。
また「野口体操」を基に、身体の自然な動きと重力・物理学にのっとった奏法の研究を続け、主宰しているスエルトン・ギタースクールのほか、現代ギター社、朝日カルチャーセンターなどでのワークショップの開催などをとおして、ギターの音の魅力がより身近なものとなるよう教授活動を展開している。

これまでに枚の6ソロCD「太陽と月のささやき」「アスランの子守歌」「時の天使」「シチリアーナ~エチュード集vol.1」「祈り~エチュード集vol.2」「禁じられた遊び~ロマンチック小品集」をリリース。
全音楽譜よりCD付楽譜集「ギターは素敵」と「決定版ギターエチュード集」を発売、好評を得ている。
2014年8月中国出身のヴァイオリニスト劉薇(リュウ・ウエイ)さんとデュオのCD『鳥の歌~平和へ』をリリース。